トップページ > 事業内容

事業内容

無線技術をもっと身近に
みなさまは無線技術をご存知でしょうか。
無線技術は有線ケーブルを使わず(wireless)、電波を利用して電気信号を伝達する技術及びそれに関連する技術です。
現在無線技術は、無線LANをはじめとして様々な形で日常生活で活用されております。
普段みなさまがお使いのテレビ、携帯電話も無線技術が使われております。
このように無線技術はみなさまの生活を支えているもっとも身近な存在であり、当社はその技術を更にみなさまの生活
にお役立ていただけるようさまざまな事業を通じて提供させて頂いております。

また近年、デジタル技術の進歩に伴い無線の世界でもアナログからデジタルへ急速に移行しつつあります。
当社ではデジタル技術の利便性(多チャンネル、高音質、秘匿性)を活かしたシステムの提案を様々な形で行っております。
具体的には遠隔監視、防災行政無線システムなど当社の無線技術の強みを活かした事業などがあります。
ここでは当社の事業内容のほんの一例をご紹介させて頂きます。

当社の実績例

【遠隔監視システム】 とっとり行きみちNavi
みなさまは「とっとり行きみちNavi」をご存知でしょうか。
当社が構築した鳥取県内の主要道路や峠など県内定点観測点における積雪 情報とライブカメラによる映像情報をインターネット上でみなさまに提供するシステムです。
このシステムを活用することで雪の季節でも安全な運転計画を立てることができます。

とっとり行きみちNaviはこちらから

【防災行政無線】
倉吉防災行政無線デジタル化事業(平成25年4月開通)

東日本大震災の教訓から各地の自治体において防災連絡網の整備が急務とされております。
防災行政無線にはこれまで以上に多様化・高度化する通信ニーズ(画像伝送・データ伝送等)への 対応が要求されるとともに、平常時における有効活用を図るために更なる改善が求められています。
そのための取組の一環として当社が貢献した事業のひとつが鳥取県倉吉市での防災行政無線デジタル化事業です。
現在稼動運用中で、倉吉市のみなさまの安全と安心をご提供しております。

鳥取県倉吉市の防災行政無線はこちらから

【無人遠隔制御】
無人遠隔制御航空機による空撮

当社ではより手軽な、無線制御のリモコン飛行機による空撮の業務を行っております。リモコン飛行機による 撮影のため、空撮にかかる手間とコストを大幅に削減することができます。
道路工事・災害などの現場調査、歴史史跡撮影などさまざまな分野でご活用いただけます。 お気軽にご相談ください。

▲このページのトップへ戻る

事業実績

防災行政無線事業 鳥取県倉吉市の防災行政無線デジタル化事業など
遠隔監視システム 鳥取県積雪情報観測システム「とっとり行きみちNavi」
鳥取市江府町奥大山スキー場監視システム
鳥取砂丘気象観測システム「鳥取砂丘ナビ」など
無人遠隔制御 無人遠隔制御航空機による空撮
電波塔施設※ 倉吉防災行政無線施設更新整備事業
(四王寺地域振興局設備、小田山地域振興局設備など)
無線設備登録検査 総務省登録検査等事業者制度に基づく定期検査
(登録番号:中点第0006号)

▲このページのトップへ戻る